ボードゲームを選考・採用試験・適正検査に取り入れてみませんか?

ボードゲームを選考・採用試験・適正検査に取り入れてみませんか?


ちょっと冗談の様な内容かもしれませんが、私はいたって真剣です。
現在、1人で会社を経営しており、ありがたい事に、仕事も徐々に増えてきています。
このままの調子で増えていくと、それほど遠くない時期に、人を採用しないと苦しくなるかもと感じています。

ただ、こんな零細企業に、はたして「求人の応募」や「働きたい」という人が現れるでしょうか?

そこが一番の心配です。

そんな訳で、普通に募集しただけでは、人が集まりそうにもないので、他とは一風変わった方法を取り入れる事で、差別化を図ろうと考えたわけです。

 

ボードゲームを選考・採用試験に取り入れる一番のメリット

ボードゲームがニュースやメディアに取り上げられるイメージ

ボードゲームを選考・採用試験に取り入れるメリットは、ずばり「話題作り」だと思います。

プレスリリースなどを送れば、もしかしたら、どこかのメディアなどが紹介してくれるかもしれません。

そうすればちょっとした広告効果が期待出来、知名度や信頼度も上がる事が期待できます。

そして、求職者には「この会社ちょっと面白そうだな」と、他社と差別化出来るかもしれません。

基本的には、これらが一番のメリットだと思います。

 

面接などでは判断出来ない部分が見れるかも

ボードゲームを選考・採用試験に取り入れる2つ目のメリットは、今までの採用試験では見れない一面が見れる可能性があるという事です。

求職者の中にはは、面接の時に、普段以上に自分を大きく見せたり、取り繕ったりする場合もあります。

深く、鋭く突っ込めば、取り繕った部分はボロがでるかもしれませんが、結局は、緊張した状況の中での表情になります。

ボードゲームは、遊びの要素が強い為、リラックスした状態の中で、本来の表情や仕草が垣間見える事もあります。

もちろん、仕事は遊びじゃないので、緊張感・プレッシャーのかかっている状況で見せる仕草こそが、その人の本来の能力と言う事もあるかもしれません。

とは言え、就職活動・転職活動の採用試験、面接での緊張感は、仕事の緊張感とはあきらかに違います。

 

審査したい能力は、使用するボードゲームによって臨機応変に変えられる

応募してきた人材が、自社の求める能力や適性があるかを判断するには、適正検査などをする事でも可能です。

その結果は、重要な判断材料として役に立ちますが、他の切り口で審査して得た情報と掛け合わせることで、情報の精度は上がります。

また、ボードゲームは、ゲーム種類によって、必要な能力が変わってきます。

その為、特に〇〇の能力を判断したい場合、〇〇のボードゲームが適していると言った感じで、ボードゲームを変える事で、判断したい能力も変えられます。

 

選考・採用試験に向いているボードゲームは?

選考・採用試験で、どんな能力を判断したいか?で使用するボードゲームは変わります。また、個人に対して行うのか、グループで行うのかにもよります。

ただ、共通している部分は、「ルールが簡単=ルールの説明時間(インストラクション)が短い」「準備が簡単」「ゲームのプレイ時間が短い」の2つです。

基本、上記の3つを満たしており、後は、判断したい能力によって、ボードゲームを選べばよいと思います。

当ブログでは、選考・採用試験におススメなボードゲームを紹介しています。下記のページからご覧ください。

 

選考・採用試験・適性検査におススメボードゲーム

Facebookページ

Twitterタイムライン