知ったか映画研究家 仲間と一緒に肯定しあって絆を深めるコミュニケーションゲーム

知ったか映画研究家
レンタル可
Lタイプ

知ったか映画研究家の基本情報

難易度 ★☆☆☆☆簡単
プレイ時間 30分以内
ルール説明(インスト)時間 5分以内
プレイ人数 ~10人
適正人数 5~6人
小売価格 ¥1800
コミュニケーション活性化 お勧め度:★★★★★
リフレッシュ・ストレス発散 お勧め度:★★★☆☆
採用試験・適性検査 お勧め度:★★★☆☆
教育・研修 お勧め度:★★★☆☆
主な能力 鍛えられる能力。もしくは適正を見れる能力リスト
ひらめき・直観力 コミュニケーション能力 協調性 発想力

知ったか映画研究家のコンシェルジュからのコメント


この世に存在しない映画の話を即席・アドリブで考えて、皆で共感しあうコミュニケーションゲーム

 

チームビルディング、仲間の結束力を高めるツールとして役立つ

このゲームの特徴は、プレイヤーが即席で作った「デタラメ(アドリブ)」の話を、他のプレイヤーが共感、肯定するというルールがあり、決して否定しないところにあります。

どんな事を言っても、「うん、うん」「ある、ある」「そうだったね」という相槌を打つ必要があります。例えその話がハチャメチャだとしても、チームの仲間に肯定されるというのは嬉しいものです。また、それにより一体感も生まれます。

また、プレイヤーが話に困っていたりしたら、「そう言えば、あれ良かったよね」と言ったフォローなどをする事もOKとされており、まさにチーム全員が楽める様に、チームで協力するゲームです。

 

営業マンに必要なトーク力や発想力を磨いたり、適正を把握出来るゲーム

「知ったか」なので、「ウソ」を言うのですが、相手を騙す悪い嘘ではなく、楽しい「ウソ」なので、それはご愛敬。特に後ろめたさは感じないと思います。

初めてやる人は、何を言ったら良いか戸惑いますが、トーク力や発想力が磨かれてくると、面白い話が次から次へと口から出てくる場合もあります。

このゲームで培ったスキルは、営業など仕事の現場でも役に立つかもしれません。

また、採用試験などで使用すれば、トーク力や発想力、協調性(リーダーシップ)などの適正も判断できるツールとなるかもしれません。

知ったか映画研究家の備考・補足事項