「パーティー系」おすすめボードゲーム ランキング

ルールが簡単で、比較的大人数(5人以上)で出来るゲームをパーティゲームとして定義します。 また、あまり勝ち負けにこだわらず、勝っても負けても楽しめるゲームが大半です。

  • 1位:テレストレーション

    絵を描いて伝える「お絵描き伝言ゲーム」の決定版。

    ボードゲームの基本情報

    評価 9点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 4~8人
    推奨人数 8人
    小売価格 ¥4860

    コメント


    一宮ボードゲーム交流会の代表である私のお気に入りボートゲームの中で10本の指に入るボートゲームです。

    ボードゲーム交流会でも頻繁に動いているゲームで、かなり盛り上がる鉄板ゲームです。もし、8人集まる機会があれば、是非テレストレーションをお勧めします。

    勝ち負けなどほとんど関係なく、楽しんだもの勝ちのパーティゲーム。

    絵が上手い人達だけでやったり、あまりにも簡単なお題だとあまり面白くないですが、簡単すぎないお題で、絵心の無い人が数人いると、答え合わせの時に、大盛り上がり(爆笑)する事間違いなし。

    テレストレーションをアマゾンで購入

  • 2位:コヨーテ

    インディアンポーカーの様に、自分が持っているカードの数が分からない状態で、その場に出ている数字の合計を予想するゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 8.5点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~10人
    推奨人数 6~8人
    小売価格 ¥1800

    コメント


    「カードを見るな顔を見ろ」というキャッチコピーの通り、相手の表情を観察して推測する事がこのゲームの醍醐味です。

    最大10人まで対応できるキャパと、老若男女問わず楽しめる簡単なルールで、パーティゲームとしてかなりお勧めです。

    コヨーテをアマゾンで購入

  • 3位:私の世界の見方

    お題に対して手札の中から言葉を選ぶだけの大喜利系カードゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 8点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~9人
    推奨人数 5~6人
    小売価格 ¥3780

    コメント


    大喜利って聞くと、お笑いのセンスやユーモアのセンス、発想力が必要でしょうと思うかもしれませんが、このゲームは、お題に対して、手札の中にある回答カードを選ぶだけなので、誰でも簡単に回答できます。(もちろん、お笑いのセンスが良いに越した事はありませんが。)

    また、匿名で回答が発表されるので、仮にウケなくても(すべっても)、恥をかく事はありません。(心の中で少し凹むかもしれませんがw)

    勝ち負け関係なしで楽しんだもん勝ちのパーティゲームです。

    初対面同士でも楽しめますが、気の合う仲間同士、酒を飲みながらだともっと楽しめます。※唯一まったく笑いのセンスが違う仲間とプレイする時は楽しめないかもしれませんが。

    私の世界の見方の事をもっと詳しく知る

    私の世界の見方をアマゾンで購入

  • 4位:ノイ

    場に出ているカードの合計が101よりも大きい数字をコールしたら負け。何が面白いの?やれば分かります。

    ボードゲームの基本情報

    評価 8点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~7人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥1728

    コメント


    カードゲーム・ボートゲームの中でこれほどシンプルなゲームはあるのかというほどシンプルなゲーム。

    それなのにここまでエキサイティングになれるゲームはなかなかない。何よりも、一度動きだしてからのスピード感が半端ない。

    手札のカード次第では、ゲーム開始数秒で、決着がつく事もあるが、それもこのゲームの良さとも言えます。

    何時間もやるゲームでは無いですが、最初のアイスブレイク、ウォーミングアップなどやるには最適なゲーム

    ノイをアマゾンで購入

  • 5位:キャメルアップ

    ラクダの順位を予想して、もっとも賞金を稼いだプレイヤーが勝ちとなる競ラクダゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 8点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~8人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥4320

    コメント


    基本的には、サイコロを振って、どのラクダが1位になるかを予想するだけ。

    ほとんど運ゲーですが、サイコロを振るギミックや、ラクダonラクダのシステムなどが秀逸で、ゲームを盛り上げてくれます。

    サイコロの出目によって、ゲームの盛り上がりが左右されますが、それはサイコロを使ったゲームの定め。

    ボードゲーム初心者や老若男女問わず、あまり頭を使わず、気軽にゲームを楽しみたい人におススメです。

    キャメルアップをアマゾンで購入

  • 6位:キョンシー

    忍び寄るキョンシーをよけながら財宝を集めるアドベンチャーゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.8点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥3780

    コメント


    ボードゲーム上の鬼ごっこの様なゲームで、「キョンシー役」と「トレジャーハンター役」に分かれてプレイします。

    どちらの役も違った面白さがあり、初心者、経験者、老若男女問わず、誰でも楽しめるパーティゲームです。

    「キョンシー役」のプレイヤーは、トレジャーハンターを捕まえたときに、コマが「カチッ」ってなる感触が快感で癖になります。

    運と戦略、緊張と緩和のバランスが非常に良くとれているゲームだと思います。

    キョンシーをアマゾンで購入

  • 7位:6ニムト

    牛が書かれたカードを引き取らない様に上手にカードを出していくゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.7点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~10人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥1000

    コメント


    ルールは簡単。テンポも良し。でも奥が深いカードゲーム。

    1列につき6枚目のカードを置いた人が、その列のカードを全て引き取るルール。

    手札の中から1枚選んで、プレイヤー全員で一斉にオープン。数字の少ないカードから順番に、一番近い数字がある列に配置していきます。

    既に4、5枚目の列に置きたくないので、カードが少ない列を狙うのですが、自分より前の人のカードに邪魔され、5枚目の列にダイブなんてことは日常茶飯事w

    このゲームで一番シビレルのは、ほとんどが、4、5枚の列で、必ず誰かが引き取らなければいけない状況の時です。そして、見事難を逃れた時の安堵感。この緩急がニムトの醍醐味です。

    6ニムトをアマゾンで購入

  • 8位:なんじゃもんじゃ

    カードに描かれているキャラクターに名前を付けて、そのキャラクターが再度登場したら、付けた名前を叫ぶユーモアあふれる記憶力ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥1400

    コメント


    ユーモアあふれる変なネーミングに笑いが起きる事間違いなし。勝ち負けが付きますが、あまり気にしないで基本楽しんだも勝ちのパーティゲーム。

    初対面同士でも楽しめますが、気の合う仲間同士、酒を飲みながらだともっと楽しめます。

    なんじゃもんじゃをアマゾンで購入

  • 9位:ディクシット(Dixit)

    手札の中にある絵に「お題」を付けて、その絵を当てるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 1時間以内
    プレイ人数 3~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥4860

    コメント


    老若男女誰でも楽しめますが、特に女性から評判の良い数少ないボートゲームです。(ボートゲームは男性向けが多いので)

    交流会では、ボートゲーム初心者の女性がいれば、ディクシット(Dixit)はよく遊んでいます。

    感性の豊な人やユーモアのある人がプレイヤーの中にいるとより盛り上がります。

    ディクシット(Dixit)をアマゾンで購入

  • 10位:ハゲタカのえじき

    一番高い数字を出したらポイントがもらえる簡単ルールが熱い駆け引きを生む数字比べゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥1500

    コメント


    シンプルなルールに関わらず、とても奥が深い心理戦、駆け引きが楽しめるカードゲーム。

    交流会では、ほぼ毎回遊ばれているゲームで、初見のプレイヤーやボートゲーム初心者、誰でも勝つチャンスがある為、老若男女楽しめます。

    ボートゲーム経験者の人も、ミドル以上のボードゲームを始める前のウォーミングアップや、重ゲーの息抜きゲームとして重宝します。

    ハゲタカのえじきをアマゾンで購入

  • 11位:ドメモ (Domemo)

    場に出ている数字と他のプレイヤーの言動を参考に、自分が持っている手札の数字を当てるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥1944

    コメント


    とてもシンプルなルールで、老若男女、勝っても負けても誰でも楽しめるゲームです。交流会での稼働率もかなり高いです。

    ルールはコヨーテに近いですが、コヨーテは負け抜けのゲームに対して、ドメモは勝ち抜けのゲームの為、一番最初に勝った時の高みの見物は、優越感に満たされます(笑)

    ドメモ (Domemo)をアマゾンで購入

  • 12位:スカル (Skull)

    ドクロを出しているか薔薇を出しているかを読み合うブラフゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 3~6人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥3024

    コメント


    ルールも簡単で、ブラフゲームとしてもライトな部類にはいります。その為、ゴキブリポーカーの様に、あからさまに嘘か本当かをジャッジされるわけではありません(嘘をつく必要はありません)ので、嘘が苦手でも十分楽しめます。

    さらに、ゴキブリポーカーの様に誰かに直接攻撃されるという事もないので、比較的平和なゲームと言えます。

    テンポ良く心理戦(駆け引き、読み合い)を楽しめる秀逸なゲームと言えるでしょう。

    スカル (Skull)をアマゾンで購入

  • 13位:スカルキング

    自分の勝ち数を予想する海賊をモチーフにしたトリッキテイキングゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.5点/10点中
    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥2180

    コメント


    個人的には、トリテとして一番好きなゲームです。交流会でも一番動くトリテゲームです。

    基本的なルールは「トリッキテイキング」ですが、最初に、何勝するかを宣言する必要があり、このルールがゲームの奥深さを演出しています。

    最初に宣言した勝利数より多くても、少なくてもダメなので、「1勝」と宣言した人は、1回は勝ちたいけど、1回勝ってしまうと、後のゲームでは、全て負けなければいけないという辛さがあります。

    「負けるのなんて簡単じゃない?」と思うかもしれませんが、全員が負けたい状況の時に負ける事は簡単ではありません。

    ただ沢山勝てばいいなら、カード運に大きく左右されますが、このゲームは、カード運以上に、勝負勘や読み合いなどが物を言うゲームです。

    スカルキングをアマゾンで購入

  • 14位:ナイアガラ

    滝に落ちない様に、川沿いの宝石を集めるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7.2点/10点中
    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 1時間以内
    プレイ人数 3~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格

    コメント


    ゲームのテーマ性も分かりやすく、ルールも比較的簡単な事から、老若男女に問わず遊べるゲームです。

    このゲームの素晴らしいところは、何よりも、ゲームの箱をコンポーネントの一部として使い、ナイアガラの滝を演出しつつ、1ラウンド終了ごとに、透明なアクリル板を使って、川の流れを再現しているアイデアだと思います。

    より下流(滝に近い場所)に行けば、珍しい宝石を取れるチャンスがありますが、それと同時に、滝に落ちてしまう確率も高くなります。

    勇敢に行くか?安全に行くか?この判断がとても難しく、面白いところでもあります。

    ナイアガラをアマゾンで購入

  • 15位:インサイダー・ゲーム

    出題された「お題」を導き出しながら、既に「答え」を知っている「インサイダー」も見つけるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 4~8人
    推奨人数 5~6人
    小売価格 ¥2376

    コメント


    正体隠匿ゲームの中では、かなりライトな部類に入り、正体隠匿ゲームが苦手な人でもできるかもしれません。その為、正体隠匿ゲームのエントリーゲームやパーティゲームとしてもお勧めです。

    ボードゲーム交流会でも、最初のアイスブレイクなどでよく動いています。

    最大8人まで出来ますが、インサイダーを見つけだす事が困難になる為、6人くらいまでにしておくのが良いと思います。

    インサイダーゲームの事をもっと詳しく知る

    インサイダー・ゲームをアマゾンで購入

  • 16位:ゾン噛ま PARTY!!

    カードを揃えて、相手の不意をつくパーティゲーム

    ボードゲームの基本情報

    評価 7点/10点中
    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 3~6人
    推奨人数 5~6人
    小売価格 ¥1944

    コメント


    ルールはとても簡単。プレイ時間は早ければ1ゲーム数秒で終わる超スピードゲーム。長くても数分で終わる為、ちょっとした待ち時間の暇つぶし、時間調整のゲームとしてお勧めです。

    1日に何回もリピートするほどのやりこみ要素や中毒性はないですが、アイスブレイク、ちょっと楽しむゲームとして割り切って遊ぶゲームだと思います。

    ゾン噛ま PARTY!!をアマゾンで購入

ワードプレスに専門特化したWebマーケターが作成する費用対効果の高い格安ホームページ

Facebookページ

Twitterタイムライン