交流会代表/ボードゲームコンシェルジュのプロフィール紹介


代表 プロフィール

代表者プロフィール画像

  • 一宮ボードゲーム交流会代表
    ボードゲームコンシェルジュ
  • 大藪 拓也
  • 愛知県一宮市在住
  • 1981年生まれ
  • 職業:WEBクリエイター
  • 趣味:ボードゲーム、ゴルフ、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦、読書、ショッピング、旅行&食べ歩き
 

ボードゲーム経歴:

  • 1990年代:初めてのボードゲーム「人生ゲーム」を体験する
  • 2007年:「金持ち父さんシリーズ」の本の中に登場したボードゲーム「キャッシュフローゲーム」をはじめて体験する
  • 2008年:台湾のおもちゃ屋さんでモノポリーを発見。それを機に、モノポリーにはまる
  • 2010年:モノポリー以外のボードゲーム(スコットランドヤード、カタンなど)やカードゲームを経験する
  • 2014年:モノポリーを含め、ボードゲームを通じて、いろんな人と交流したいと思い、ボードゲーム交流会を設立
  • 2017年現在:100以上のボードゲームを体験

ごあいさつ:

 はじめまして。一宮ボードゲーム交流会をご覧くださいましてありがとうございます。愛知県一宮在住のWEBクリエイターです。
私のボードゲームの記憶は、幼い時に家族でやった「人生ゲーム」に始まります。ただ、二十歳を越える前は、人生ゲーム以外のボードゲームはほとんどありませんでした。
そして、2008年に転機が訪れます。「モノポリー」との出会いです。今まで、ルーレットを回して、ほとんど運だけで勝敗が決まるボードゲーム(これはこれで楽しいのですが)しかやった事がない私にとって衝撃でした。

 「モノポリー」にも運はかなり影響しますが、何よりも相手との交渉と言うシステムがあることにより、今までのボードゲームになかった駆け引きをする楽しさにハマりました。それ以降、定期的に友達と集まって「モノポリー」をやっていたのですが、やるたびに強く感じることは、「モノポリー」は社会の縮図だなという事です。
 モノポリーで絶対に勝つ方法(必勝法)は無いと思っていますが、刻一刻変化する流れの中で、どのタイミングで勝負に出れば、自分が優位になるかを考える習慣が付きます。モノポリーでの経験は、社会でも役に立つのです。そう感じた私は、より多くの人とボードゲームの楽しみを共有したいのと同時に、一緒に学んでいけたらと思います。

 ちなみに、私のプライベートの話を少しだけすると、趣味が沢山あるため、ボードゲーム以外では、春秋の休日にはゴルフに行ったり、その他の休みの日には、映画鑑賞、ショッピング、たまに連休を作って、一人旅や友人と旅行に行ったりもします。
真面目な性格とよく言われますが、天然なところもあります。もしご縁がありましたら、一緒にボードゲームをやりましょう。よろしくお願いいたします。