ボードゲーム名:犯人は踊る

役職がころころ変わる中で犯人を当てる正体隠匿ゲーム

犯人は踊るの基本情報

難易度 ★☆☆☆☆
プレイ時間 15分以内
プレイ人数 3~8人
推奨人数 5~6人
小売価格 ¥1296

犯人は踊るの評価

ライト級評価 -点/10点中 パーティ系評価 -点/10点中
ミドル級評価 -点/10点中 協力系評価 -点/10点中
ヘビー級評価 -点/10点中 正体隠匿系評価 8点/10点中

犯人は踊るのコメント


正体隠匿系ゲームに入りますが、かなりライトな為、比較的誰でも遊べるゲームです。その為、正体隠匿ゲームのエントリーゲームやパーティゲームとしてもお勧めできます。

他の正体隠匿ゲームと大きく違うのは、役職が固定ではなく、ゲーム中にころころ変わるところが特徴です。

「アヴァロン」や「人狼ゲーム」の様に、長い間話合うという時間は無いため、会話の中で、相手のうそを見抜いたりと言った事はあまり出来ませんが、トランプのババ抜きの様な感じで、テンポよくゲームが進んでいきます。

がっつり正体隠匿ゲームを楽しみたい方にはお勧めできませんが、まずはウォーミングアップとして、みんなでゲームを楽しみたいと言った状況にうってつけです。