記憶|ボードゲーム一覧

  • レジスタンス

    レジスタンス(反乱軍)の中から裏切り者を見つけ出し勝利を目指す招待隠匿ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★★☆☆
    プレイ時間 1時間以内
    プレイ人数 5~10人
    推奨人数 6~8人
    小売価格

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    「レジスタンス:アヴァロン」の下位互換

    「レジスタンス」の上位互換が「レジスタンス:アヴァロン」と言った方が正解ですが、基本的なゲームシステムはほぼ同じの為、ゲームとしては「アヴァロン」同様面白いです。

     

    ゲームは面白いがコンポーネントに難がある。

    もう一度言いますが、ゲームとしては面白いです。ただ、決定的に劣っているのは、「コンポーネント」です。これが致命的に悪い(分かりにくい)ため、買うなら上位互換の「アヴァロン」にしましょう。

    レジスタンスをアマゾンで購入

  • ドリームオン

    自由に夢を作っていき、作った夢を思い出す協力系パーティゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~8人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥2484

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    ルールはとても簡単で、老若男女誰でも楽しめるパーティゲーム。

    いろんな絵が描かれている手札を使って、皆で夢を繋いでいきます。

    ドリーム(夢)を作るフェーズでは、支離滅裂でめちゃくちゃな夢に盛り上がる事間違いなし。

    ドリーム(夢)を思い出すフェーズでは、当たったり外れたりで一喜一憂。

    お酒を飲みながらプレイするとより一層楽しめる優良ゲームです。

    ドリームオンをアマゾンで購入

  • レジスタンス:アヴァロン

    アーサー王に忠義を誓う正義に紛れ込む悪を暴く正体隠匿系ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★★☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 5~10人
    推奨人数 7~8人
    小売価格 ¥2160

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    管理人がおススメするNo1招待隠匿ゲーム

    一宮ボードゲーム交流会の代表である私のお気に入りボートゲームの中で5本の指に入るボートゲームです。

    ボードゲーム交流会でも、かなり高い頻度で稼働するゲームで、私自身、正体隠匿ゲームの中では、あの有名な「人狼ゲーム」よりも「アヴァロン」の方が好きです。

     

    人狼ゲームの欠点「ゲーム脱落」「GM必須」を改善した秀逸なゲーム

    アヴァロンは、人狼ゲームの致命的な欠点である「ゲームからの脱落」「ゲームマスターが必要」をシステムで上手く解決しています。

    正体隠匿ゲームなので、好き嫌いが分かれるゲームですが、「人狼ゲーム」と比べて、「心理戦」よりは「論理戦」に近い展開になるのも特徴です。

     

    アヴァロンの事をもっと詳しく知る

    レジスタンス:アヴァロンをアマゾンで購入

  • Hanabi(花火)

    プレイヤーは花火職人となり仲間と協力して花火の打ち上げを成功させるカードゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥1300

    コメント

    日本の分化や国民性に合った協力ゲーム

    一宮ボードゲーム交流会の代表である私のお気に入りボートゲームの中で10本の指に入るボートゲームです。

    交流会では定期的にプレイされており、初めての方でも概ね高評価のカードゲームです。

    全員で協力し合い、手札のカードを出して、打ち上げ花火を完成させていくのですが、ほとんど会話をしてはいけず、どれだけ相手の意図を読み取れるか?と言った、忖度を好む日本人の為のゲームと言えるかもしれません。

     

    自分の意図が伝わった時、相手の意図をくみ取れた時はとても快感

    自分の手札は見えない為、相手のヒントを基に、自分が今どんなカードを持っているか予測します。ただ、もらえるヒントの数も限られている為、少ないヒントで相手の意図をくみ取る必要があります。

    「今(このタイミングで)」、「なぜ」、「この人は」、「このヒントをくれたのか?」そういったことを踏まえ、自分の手札を予測したり、次の行動のヒントにします。

    また、ヒントを出すときもしかり。お互いの意図が伝わった時はとても快感です。

    数少ない会話の中で、普段できないとても濃密なコミュニケーションをする事が出来るでしょう。

     

    ボードゲームの中では、男女問わず楽しめる数少ないゲームです。

    ただ、協力ゲームのあるあるですが、1人空気の読めない人がいると、すこしイラっとする事があるかもしれません。

    Hanabi(花火)をアマゾンで購入

  • ドメモ (Domemo)

    場に出ている数字と他のプレイヤーの言動を参考に、自分が持っている手札の数字を当てるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥1944

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    とてもシンプルなルールで、老若男女、勝っても負けても誰でも楽しめるゲームです。交流会での稼働率もかなり高いです。

    ルールはコヨーテに近いですが、コヨーテは負け抜けのゲームに対して、ドメモは勝ち抜けのゲームの為、一番最初に勝った時の高みの見物は、優越感に満たされます(笑)

    ドメモ (Domemo)をアマゾンで購入

  • コヨーテ

    インディアンポーカーの様に、自分が持っているカードの数が分からない状態で、その場に出ている数字の合計を予想するゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~10人
    推奨人数 6~8人
    小売価格 ¥1800

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    「カードを見るな顔を見ろ」というキャッチコピーの通り、相手の表情を観察して推測する事がこのゲームの醍醐味です。

    最大10人まで対応できるキャパと、老若男女問わず楽しめる簡単なルールで、パーティゲームとしてかなりお勧めです。

    コヨーテをアマゾンで購入

  • なんじゃもんじゃ

    カードに描かれているキャラクターに名前を付けて、そのキャラクターが再度登場したら、付けた名前を叫ぶユーモアあふれる記憶力ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥1400

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    ユーモアあふれる変なネーミングに笑いが起きる事間違いなし。勝ち負けが付きますが、あまり気にしないで基本楽しんだも勝ちのパーティゲーム。

    初対面同士でも楽しめますが、気の合う仲間同士、酒を飲みながらだともっと楽しめます。

    なんじゃもんじゃをアマゾンで購入

Facebookページ

Twitterタイムライン