トリックテイキング|ボードゲーム一覧

  • ザ・クルー:第九惑星の探索

    珍しい協力型トリックテイキングゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 3~5人
    推奨人数 3~4人
    小売価格 ¥2300

    コメント

    協力×トリックテイキングが斬新

    基本システムはトリックテイキングですが、協力ゲームになるだけで、また違った面白さを味わう事が出来ます。さすが、2020年ドイツ年間ゲーム大賞(エキスパート)

    ルールはシンプルなので、トリテ未経験の方でも、比較的すぐにルールを理解できます。

    もちろん、トリテをやったことがある人なら、すんなりプレイできます。

     

    基本、相談なしの協力ゲーム

    「Hanabi」や「ザ・マインド」の様に、基本、相談なしで、ゲーム内の少ないヒントを元に、ミッション達成を目指していきます。

    その為、他人の意見に引っ張られるというデメリットはありません。

     

    テーマ・目的とシステムがかみ合っていないところが残念

    トリックテイキングのシステムである以上、ゲームテーマと合わせる方が難しいですが、ゲームテーマは在って無い様な物。

    後付けの様な感じがするので、テーマ性を大事にしている人は、ゲームシステムが素晴らしい分、ちょっと残念な感じは否めません。

    ザ・クルー:第九惑星の探索をアマゾンで購入

  • スカルキング

    自分の勝ち数を予想する海賊をモチーフにしたトリッキテイキングゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥2180

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    個人的には、トリテとして一番好きなゲームです。交流会でも一番動くトリテゲームです。

    基本的なルールは「トリッキテイキング」ですが、最初に、何勝するかを宣言する必要があり、このルールがゲームの奥深さを演出しています。

    最初に宣言した勝利数より多くても、少なくてもダメなので、「1勝」と宣言した人は、1回は勝ちたいけど、1回勝ってしまうと、後のゲームでは、全て負けなければいけないという辛さがあります。

    「負けるのなんて簡単じゃない?」と思うかもしれませんが、全員が負けたい状況の時に負ける事は簡単ではありません。

    ただ沢山勝てばいいなら、カード運に大きく左右されますが、このゲームは、カード運以上に、勝負勘や読み合いなどが物を言うゲームです。

    スカルキングをアマゾンで購入