ブラフ|ボードゲーム一覧

  • レジスタンス

    レジスタンス(反乱軍)の中から裏切り者を見つけ出し勝利を目指す招待隠匿ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★★☆☆
    プレイ時間 1時間以内
    プレイ人数 5~10人
    推奨人数 6~8人
    小売価格

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    「レジスタンス:アヴァロン」の下位互換

    「レジスタンス」の上位互換が「レジスタンス:アヴァロン」と言った方が正解ですが、基本的なゲームシステムはほぼ同じの為、ゲームとしては「アヴァロン」同様面白いです。

     

    ゲームは面白いがコンポーネントに難がある。

    もう一度言いますが、ゲームとしては面白いです。ただ、決定的に劣っているのは、「コンポーネント」です。これが致命的に悪い(分かりにくい)ため、買うなら上位互換の「アヴァロン」にしましょう。

    レジスタンスをアマゾンで購入

  • デセプション 香港殺人事件

    香港で起きた殺人事件を、犯人と刑事に分かれて戦う正体隠匿ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 1時間以内
    プレイ人数 4~10人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥4400

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    プレイ感としては、「インサイダー」と「アヴァロン」を合わせた様なゲームシステムです。

    正義側(捜査官側)は、ゲームマスター(法医学者)のヒントを基に、「犯人」「証拠品」「犯行手段」を暴いていきます。

    悪側(犯人と共犯者側)は、ゲームマスターのヒントを上手く他へ誘導して、操作をかく乱せます。

    目撃者は、人狼で言う「占い師」、アヴァロンで言う「マーリン」の様な役目で、かなり重要な役割を担います。

    人狼の様な「脱落」は発生せず、「インサイダー」の様に「ゲームマスター」もゲームに参加できるので、ゲーム終了までプレイヤー全員が楽しめます。

    また、正体隠匿ではありますが、「人狼」ほど、心理戦は発生しない為、終わった後も、「人間不信」になると言った心配は少ない軽い正体隠匿ゲームと言えます。

    人数は最大10人まで出来ますが、「6人」が一番楽しめるゲームでしょう。

    デセプション 香港殺人事件をアマゾンで購入

  • スカルキング

    自分の勝ち数を予想する海賊をモチーフにしたトリッキテイキングゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~6人
    小売価格 ¥2180

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    個人的には、トリテとして一番好きなゲームです。交流会でも一番動くトリテゲームです。

    基本的なルールは「トリッキテイキング」ですが、最初に、何勝するかを宣言する必要があり、このルールがゲームの奥深さを演出しています。

    最初に宣言した勝利数より多くても、少なくてもダメなので、「1勝」と宣言した人は、1回は勝ちたいけど、1回勝ってしまうと、後のゲームでは、全て負けなければいけないという辛さがあります。

    「負けるのなんて簡単じゃない?」と思うかもしれませんが、全員が負けたい状況の時に負ける事は簡単ではありません。

    ただ沢山勝てばいいなら、カード運に大きく左右されますが、このゲームは、カード運以上に、勝負勘や読み合いなどが物を言うゲームです。

    スカルキングをアマゾンで購入

  • スカル (Skull) 髑髏と薔薇

    ドクロを出しているか薔薇を出しているかを読み合うブラフゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 3~6人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥3024

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    ルールも簡単で、ブラフゲームとしてもライトな部類にはいります。その為、ゴキブリポーカーの様に、あからさまに嘘か本当かをジャッジされるわけではありません(嘘をつく必要はありません)ので、嘘が苦手でも十分楽しめます。

    さらに、ゴキブリポーカーの様に誰かに直接攻撃されるという事もないので、比較的平和なゲームと言えます。

    テンポ良く心理戦(駆け引き、読み合い)を楽しめる秀逸なゲームと言えるでしょう。

    スカル (Skull) 髑髏と薔薇をアマゾンで購入

  • ごきぶりポーカー

    相手の出したカードと言っている事が本当か嘘かを推測する心理戦ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 2~6人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥1800

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    ポーカーという名前がついていますが、トランプのポーカーとはまったく違います。

    いわゆる「ブラフ」ゲーム。簡単なルールでお手軽に心理戦を楽しむことが出来ます。

    手札にあるカードを1枚選んで、相手の前に裏向きで置き、「これは〇〇(生き物の名前)です。」と言います。カードを置かれたプレイヤーは、相手が本当の事を言っているのか、嘘を言っているのかを当てるだけ。

    嘘が下手な人には、ちょっと不利なゲームで、得意不得意、好き嫌いが分かれるゲームですが、相手の嘘を見抜いた時の快感は癖になりますw

    ごきぶりポーカーをアマゾンで購入

  • スパイフォール

    質問を繰り返して、グループの中に紛れ込んでいるスパイを見つける正体隠匿ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 3~8人
    推奨人数 5~6人
    小売価格 ¥3500

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    全員同じ場所(ロケーション)カードの中に、1枚だけスパイカードを混ぜて配ります。

    質疑応答をしながら、スパイの人は、他の人がどの場所(ロケーション)カードを持っているかを考え、他の人は、スパイが誰かを考えるゲームです。

    全員にしゃべる機会が用意されている為、人狼ゲームでよくある「まったくしゃべらない(何をしゃべってよいか分からない)プレイヤー」が出てくる心配はありません。

    その為、正体隠匿ゲームの中ではとっつきやすく、初心者でも十分楽しめるゲームと言えるでしょう。

    ただ、スパイになると立ち回りが難しくなりますので、初めての方や、嘘がつくのが苦手な方には荷が重いかもしれません。

     

    スパイフォールをアマゾンで購入

  • インサイダー・ゲーム

    出題された「お題」を導き出しながら、既に「答え」を知っている「インサイダー」も見つけるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 4~8人
    推奨人数 5~6人
    小売価格 ¥2376

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    正体隠匿ゲームの中では、かなりライトな部類に入り、正体隠匿ゲームが苦手な人でもできるかもしれません。その為、正体隠匿ゲームのエントリーゲームやパーティゲームとしてもお勧めです。

    ボードゲーム交流会でも、最初のアイスブレイクなどでよく動いています。

    最大8人まで出来ますが、インサイダーを見つけだす事が困難になる為、6人くらいまでにしておくのが良いと思います。

    インサイダーゲームの事をもっと詳しく知る

    インサイダー・ゲームをアマゾンで購入

  • 人狼ゲーム 嘘つきは誰だ

    夜になると村人を襲う人狼を暴いて、村から人狼を追放する正体隠匿ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★☆☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 5~人
    推奨人数 9~10人
    小売価格 ¥1264

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    テレビ番組でも話題になった正体隠匿ゲームの代表作「人狼ゲーム」

    知名度の高さから、交流会でもちょこちょこ動いています。ただ、人の本性が垣間見える為、好き嫌いが分かれるゲームです。特に日本人の多くは、嘘を付く事に抵抗があり、正直な人が多い民族だと思います。

    ただ、何割かの「心理戦」、「騙し合い」などが好きな人は、ものすごく好きなゲームの為、そういう人たちが集まった場合、1日中出来るゲームかもしれません。

    また、ゲームとしては、5人から出来ますが、ある程度盛り上がる展開になるには、10人近く必要な為、気軽にするにはハードルが高いゲームと言えるでしょう。

    それでも、ゲームシステムは秀逸な為、メンバーに恵まれれば、盛り上がる事は間違いないです。

     

    「ゲーム脱落」「GM必須」が欠点

    人狼ゲームの欠点は、「ゲーム脱落者」が出る事と「GM(ゲームマスター)必須」なことです。(GM必須は、アプリを使えば解決できますが。)

    私自身は、ゲーム途中で脱落して、暇になる事が嫌なため、自らGMを買って出ていますが、序盤で脱落した人は、長い間暇になってしまう恐れがあります。

    ただ、ゲームから脱落しても、他のメンバーの様子を見ている事を楽しめれる人なら「人狼ゲーム」を余すことなく楽しめる事でしょう。

     

    人狼ゲームの事をもっと詳しく知る

    人狼ゲーム 嘘つきは誰だをアマゾンで購入

  • レジスタンス:アヴァロン

    アーサー王に忠義を誓う正義に紛れ込む悪を暴く正体隠匿系ゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★★★☆☆
    プレイ時間 30分以内
    プレイ人数 5~10人
    推奨人数 7~8人
    小売価格 ¥2160

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    管理人がおススメするNo1招待隠匿ゲーム

    一宮ボードゲーム交流会の代表である私のお気に入りボートゲームの中で5本の指に入るボートゲームです。

    ボードゲーム交流会でも、かなり高い頻度で稼働するゲームで、私自身、正体隠匿ゲームの中では、あの有名な「人狼ゲーム」よりも「アヴァロン」の方が好きです。

     

    人狼ゲームの欠点「ゲーム脱落」「GM必須」を改善した秀逸なゲーム

    アヴァロンは、人狼ゲームの致命的な欠点である「ゲームからの脱落」「ゲームマスターが必要」をシステムで上手く解決しています。

    正体隠匿ゲームなので、好き嫌いが分かれるゲームですが、「人狼ゲーム」と比べて、「心理戦」よりは「論理戦」に近い展開になるのも特徴です。

     

    アヴァロンの事をもっと詳しく知る

    レジスタンス:アヴァロンをアマゾンで購入

  • ドメモ (Domemo)

    場に出ている数字と他のプレイヤーの言動を参考に、自分が持っている手札の数字を当てるゲーム

    ボードゲームの基本情報

    難易度 ★☆☆☆☆
    プレイ時間 15分以内
    プレイ人数 2~5人
    推奨人数 4~5人
    小売価格 ¥1944

    ボードゲーム関連タグ

    コメント

    とてもシンプルなルールで、老若男女、勝っても負けても誰でも楽しめるゲームです。交流会での稼働率もかなり高いです。

    ルールはコヨーテに近いですが、コヨーテは負け抜けのゲームに対して、ドメモは勝ち抜けのゲームの為、一番最初に勝った時の高みの見物は、優越感に満たされます(笑)

    ドメモ (Domemo)をアマゾンで購入