6月28日(土)第2回モノポリー交流会+カルカソンヌ

モノポリー交流会

6月28日(土)第2回モノポリー交流会+カルカソンヌ


こんにちわ。ボードゲーム交流会代表の大藪です。

6月28(土)に第2回ボードゲーム交流会が開催されました。

参加してくださった皆さんありがとうございます。

第2回は、私を含めて3人でモノポリーを行いました。今回は、2人が経験者で1人が未経験者でした。

第2回モノポリーの戦況

序盤戦

未経験のMさんでしたが、序盤から不動産を積極的に購入。ロケットスタートを実現しました。

私を含め、衣さんは、スロースターターでした。

さらに衣さんは、「チャンスカード、チャレンジカード」に恵まれず、資産を持っていかれてばかりいました。

中盤戦

序盤から絶好調のMさんは、その流れのまま、石川、広島、徳島エリアを自力独占

さらに、北海道、秋田も自力独占と手が付けられない状態でした。

このまま独走状態では行けないと、私と衣さんは、青森と兵庫を等価交換して、それぞれのエリアを独占。

いよいよモノポリーらしくなってきました。

 終盤戦

私は、青森、長野、宮城にアパートを3軒ずつ建築

Mさんは、石川、徳島、広島アパートを2軒ずつ建築

当初、私とMさんの一騎打ちの状態でしたが、不運にも、早々に2週連続で、Mさんの広島に止まり、撃沈

これで、Mさんのモノポリーかと思いましたが、前半戦カードに恵まれていなかった衣さんがツキだしてきました。自力で乗り物カードを4枚独占。そして前半泣かされていた「チャンスカード、チャレンジカード」でも収入を得だします。

また、 Mさんの、石川、徳島、広島エリアの針の穴を抜けるかのごとく、すり抜けていきます。

衣さんは、独占した兵庫、静岡、奈良エリアに、アパート3軒ずつ建築
いよいよ、Mさんと衣さんの一騎打ちが開始されます。

最初は、二人とも、危険エリアを際どく抜けていきました。

そして、Mさんが勝負にかけました。ほとんどの資産を使って、広島、徳島にマンションを建てたのです。
だがしかし、衣さんはこのピンチも切り抜けます。

勝負の分かれ目

二人の勝負の分かれ目となったのが、乗り物とチャレンジカードです。

Mさんが、チャンレジカードを引いたら、「次の乗り物に進んで2倍の料金を払う」カードでした。
衣さんが乗り物を独占していていた為、Mさんに4Mの請求が発生します。

お金をぎりぎりで回していたMさんは、建てたばかりのマンションとアパートの売却を余儀なくされます。

そして、不幸中の幸いにも、衣さんがそのすぐ後、Mさんの広島に止まったのです。

この時、衣さんは7Mの支払いでしたが、何とかキャッシュがあった為、アパートやマンションを売らずにすみました。

もし、先に衣さんが止まっていたら、11Mの支払いを受けていたところでした。

この後、Mさんが、衣さんの兵庫、静岡、奈良エリアに止まり、勝負を決定付けました。

総括

衣さんとMさんどちらか勝ってもおかしくありませんでしたが、衣さんの独占していた乗り物が、後々ジャブの様に大きく効いてくる結果になりました。

DSC_0028

↑第2回ボードゲーム交流会byモノポリーの様子↑

モノポリーの後は「カルカソンヌ」

また、本日は前回の時間が足りなくなるという体験の反省を踏まえ、4時間取ってありました。

モノポリーが終わった後の残った時間で、Mさんが持ってきてくださった「カルカソンヌ」をやりました。

モノポリーとはまったく違うゲームでしたが、新鮮でこれも楽しかったです。

DSC_0032

それでは、 また次回のボードゲーム交流会でお会いしましょう。

第2回の戦歴

モノポリー(独占) 勝者 衣さん

兵庫、静岡、奈良エリア独占&各アパート4つ


人気ボードゲーム記事

まだデータがありません。