7月4日(土)ボードゲーム交流会日記

7月4日(土)ボードゲーム交流会日記


こんにちわ。

一宮ボードゲーム交流会 代表の大藪です。

昨日、7月4日(土)に一宮でボードゲーム交流会を開催しました。

本日参加された皆さんご参加ありがとうございます。

今回は、7名の方が参加してくださいました。

人数が、8人以上集まれば、私が考えたオリジナルゲームをやろうと思っていましたが、次回への持越しですね。

今回の交流会スケジュール

13:30~ 開場
フリータイム
13:35~ 交流会開始
挨拶
13:40~ 人狼(前半)
14:30~ 2組に分かれてボードゲーム
パンデミックorカタン
16:30~

人狼(後半)

16:50頃 交流会終了

人狼ゲーム

jinroh

今回も始めての人が3人いましたが、最初にルールを知っている人だけで、デモンストレーションをして、ルールを説明しました。

第1回目~3回目のキャストは、ご覧の通りです。

人狼チーム

・人狼×1
・裏切り者

市民チーム

・一般市民×2
・占い師
・騎士

今回は、とてもまれだったのですが、1回目と2回目は、裏切り物、占い師、騎士が同じ人と言う偶然が起きました。

そして、Nさんは、3回連続占い師と言う、まさに占い師になる為に生まれてきた様な運の持ち主でした。

4回目のキャストは、ご覧の通りです。

人狼チーム

・人狼×1
・裏切り者

市民チーム

・市民×1
・占い師
・騎士
・毛深き労働者

カタンの開拓者たち

catan

幹事以外すべてが初体験だったので、最初にルール説明をしてから始めました。

最初の開拓地選びで失敗したAさんが、終始資源集めに苦労している展開でした。

そして、経験者である大藪が有利な展開で迎えた終盤、大どんでん返しが起こり、Nさんが逆転処理をもぎ取りました。

パンデミック

 pandemic

トータルで6回目のパンデミック。

前回、5回目にして、ぎりぎり人類の勝利を勝ち取りましたが、今回は一人が初体験でした。

そして、難易度は、「エピデミックを6枚使った、very hard」で行いました。

途中、Sさんが、プレイヤーカード2枚中、2枚「エピデミック」と言う、鬼引きを行い、一気に人類側が不利な立場に追いやられ、最終的に、人類が絶滅(ゲームオーバー)となりました。

次回の交流会は、いったいどんなハプニングが待ち受けているのでしょうか・・・

次回にこうご期待。

ワードプレスに専門特化したWebマーケターが作成する費用対効果の高い格安ホームページ

Facebookページ

Twitterタイムライン