ボードゲーム名:デューン砂の惑星: インペリウム

ボードゲーム名:デューン砂の惑星: インペリウム

SF映画をテーマにしたワーカープレイスメントとデッキ構築の戦略ゲーム

デューン砂の惑星: インペリウムの基本情報

難易度 ★★★☆☆
プレイ時間 2時間以内
プレイ人数 1~4人
推奨人数 3~4人
小売価格 ¥7480

デューン砂の惑星: インペリウムの評価

ライト級評価 -点/10点中 パーティ系評価 -点/10点中
ミドル級評価 -点/10点中 協力系評価 -点/10点中
ヘビー級評価 8.1点/10点中 正体隠匿系評価 -点/10点中

ボードゲーム関連タグ

デューン砂の惑星: インペリウムのコメント


「クランクのデッキ構築」×「ワーカープレイスメント」

いろんなゲーム批評サイトでもよく目にするとおり、プレイ感は「アルナック」に似ています。

また、「デューン砂の惑星: インペリウム」は、人気デッキ構築ゲーム「クランク」のデザイナーと同じです。

その為、「クランクのデッキ構築」×「ワーカープレイスメント」に、「マジョリティ」の要素も加わり、ゲームテーマを「SF」チックな感じにしたのが「デューン砂の惑星: インペリウム」となります。

「SF(デューン)」が好きで、「アルナック」が好きな方は、楽しめる作品になっています。

 

「デューン砂の惑星: インペリウム」を知らなくても問題なし

ゲームテーマは、SF映画「デューン砂の惑星:」を題材にしていますが、映画を見ていなかったり、原作を知らなくても全く問題ありません。

知ってたらより楽しめるというだけで、知らなくても、ゲームシステムは秀逸な為、十分楽しめると思います。

 

「アルナック」で良くない?と感じてしまうかも

冒頭で「アルナック」に似ているとお伝えしましたが、それなら「アルナック」で良くない?と感じてしまうかもしれません。

初めて「アルナック」をプレイした時は、「デッキ構築」×「ワーカープレイスメント」の組み合わせに、新鮮さを感じましたが、このゲームに関しては、そこまで、新しさや新鮮さを感じませんでした。

また、「アルナック」の良い部分である「冒険してる感」も、このゲームではあまり感じられませんでした。(個人的に、冒険している感はかなり大事にしています。)