ボードゲーム名:スパイフォール

ボードゲーム名:スパイフォール

質問を繰り返して、グループの中に紛れ込んでいるスパイを見つける正体隠匿ゲーム

スパイフォールの基本情報

難易度 ★★☆☆☆
プレイ時間 15分以内
プレイ人数 3~8人
推奨人数 5~6人
小売価格 ¥3500

スパイフォールの評価

ライト級評価 -点/10点中 パーティ系評価 -点/10点中
ミドル級評価 -点/10点中 協力系評価 -点/10点中
ヘビー級評価 -点/10点中 正体隠匿系評価 7.9点/10点中

スパイフォールのコメント


全員同じ場所(ロケーション)カードの中に、1枚だけスパイカードを混ぜて配ります。

質疑応答をしながら、スパイの人は、他の人がどの場所(ロケーション)カードを持っているかを考え、他の人は、スパイが誰かを考えるゲームです。

全員にしゃべる機会が用意されている為、人狼ゲームでよくある「まったくしゃべらない(何をしゃべってよいか分からない)プレイヤー」が出てくる心配はありません。

その為、正体隠匿ゲームの中ではとっつきやすく、初心者でも十分楽しめるゲームと言えるでしょう。

ただ、スパイになると立ち回りが難しくなりますので、初めての方や、嘘がつくのが苦手な方には荷が重いかもしれません。